結婚式でのオープニングムービーについて

近年では、ウェディングの種類がどんどん増えてきているように感じています。若いカップルの中には、金銭的な問題が理由で結婚式を行わない方も増えてきているようです。個人的には、素敵な旦那様と出会った時には、親族や友達を招待してウェディングパーティーを行いたいと思っています。もちろん、二人で話し合って決めることですが、パーティー形式にできたら良いです。その際のオープニングムービーは、簡単に楽しめるような内容にしたいです。二人の出会いなどの馴れ初めなどをわかりやすい感じのムービーを作成することができれたら素敵だと思っています。専門のお店に依頼するのではなく、機械操作が得意な友達に作成してもらえると、手作り感を感じる温かい内容になります。かしこまった内容ではなく、賑やかなパーティーにしたいので、工夫をしていきたいです。

結婚式のオープニングムービーは短いのがベスト

結婚式のオープニングムービーは、これから披露宴が始まる合図としても使われます。導入部分のような位置付けなので、時間は短めの方が良いです。だいたい1分から2分くらいにまとめると、次につなげやすいです。披露宴のクライマックスを迎えた後のエンドロールなら、もう少し長くても良いでしょう。宴の余韻が残る中なので、5分程度の長さでもちょうど合います。しかしオープニングの場合は、あまり長すぎるとゲストが飽きてしまうリスクがあります。大抵は、ムービーが流れた後に新郎新婦が入場します。そのため上映時間が長いと、なかなか新郎新婦の姿が見られません。ゲストに「このムービーまだ終わらないの」と思われないよう、短めにするのがベストです。ただ、1、2分の映像では、使用する曲を途中で切らなくてはならないこともあります。そんな時は徐々に音を小さくして、不自然にならないようにまとめればOKです。

結婚式のオープニングムービーは高齢者にも見やすく

結婚式で上映するオープニングムービーは、高齢者が見やすいかどうかも意識して作るのがベストです。出席するゲストは、若い人だけとは限りません。来賓や親戚などに、1人は高齢のゲストがいると考えた方が良いでしょう。そのため、披露宴会場で流すムービーは、若い人にも高齢者にも見やすいことを考えた方が、より印象に残る物になります。凝った演出も良いですが、いっそシンプルな内容にするのもおすすめです。あまり凝り過ぎると、内輪ウケのような内容になってしまうこともあります。映像に入れるメッセージの文字を大きくしたり、なるべく長く文字を表示するなどの工夫をすると、高齢のゲストもムービーを楽しめます。映像の色も、あまり派手過ぎない方が見やすいでしょう。高齢者に見やすい映像は、若い人にも見やすいです。特に、オープニングムービーはお酒が入る前なので、ゲスト全員が映像に集中します。だからこそ、年齢を問わず全てのゲストに見やすい映像にしましょう。